Loading...
2016年1月12日火曜日

幕張メッセ 座席表 BUMP OF CHICKEN 2016「スペシャルライブ20」のアリーナ構成・各スタンディングブロックの見え方レポまとめ 2/11(木)

スポンサードリンク


BUMP OF CHICKENのバンド結成20周年を記念する『BUMP OF CHICKEN 結成20周年記念 Special Live 「20」』の開催まであと1ヶ月を切りました。

会場は幕張メッセ国際展示場9-11ホールです。

バンプは今年の春初の全国ドームツアーを控えていますが、まずは地元の千葉でライブをやるというのが地元愛を感じます。

おそらくこのスペシャルライブのチケットの入手倍率は相当なものだったと思います。

幸運にも当選された方のためにこの記事では幕張メッセ国際展示場9-11ホールの座席表情報をまとめてご紹介したいと思います。


BUMP OF CHICKEN ライブツアー2016の関連記事



幕張メッセ 国際展示場 9-11ホールの座席表解説


  • 住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1
  • 収容人数(キャパ):通常13,000~15,000人(最大5万人)
  • アクセス:JR京葉線 - 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から徒歩約5分。
  • 公式サイト:https://www.m-messe.co.jp/
  • 周辺ホテル
幕張メッセのコンサート会場には幕張メッセイベントホール幕張メッセ国際展示場ホールの2種類がありますので、まずはその点を間違わないようにご注意下さい。

幕張メッセ国際展示場9-11ホールは展示場の名の通り、元々コンサート会場ではなく巨大な箱(空間)です。※上記画像をご参考

そのためライブの際にはオールスタンディングの会場として利用されることが多いです。

収容人数もライブや演出によって様々で、2008年のGLAYのライブでは、なんと5万人を収容したと言われています。

その際のアリーナブロック構成がこちらです。

【2008/12/31 GLAY】


9-11ホールをぶち抜いて、オールスタンディングでA~Dまで7ブロックずつの計28ブロックに分けられています。

おそらく今回のBUMPライブではここまでキツキツには詰めないのではないでしょうか。

2014年に行われたWILLPOLICE初日の際には23,000人を動員したと言われています。

おそらく今回のスペシャルライブ20でも同程度か、少し増えるぐらいだと予想されます。


2014のWILLPOLICE幕張メッセ公演のアリーナ座席表が見つからなかったため、インテックス大阪のアリーナ構成をご紹介しておきます。

【2014 WILLPOLICE インテックスの大阪のアリーナ構成】

インテックス大阪も幕張メッセと同様、スタンディングのライブに使用される会場です。

今回の幕張メッセでのスペシャルライブ20のアリーナ構成もこれに限りなく近いと考えて問題無いでしょう。

気になる点としてはAブロックが真ん中に来るのか、端によるのかだと思いますが、
この点はブロック番号が判明した際に、他のブロックより1つ番号が小さいブロックが真ん中になりそうですね。

BUMP OF CHICKEN 幕張メッセ国際展示場9-11ホールでのライブの見え方参考画像


【アリーナ後方からのステージの見え方】


  • 正面に大きなディスプレイ
  • 左右に小型ディスプレイが1つずつ


【会場を上から見下ろした画像】

【ステージからの会場の見え方】


【アリーナ前列からのステージの見え方】

(画像出典:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/musicjg/1405489490/)

BUMP OF CHICKEN スペシャルライブ20の座席表関連レポまとめ 2016/2/11(木)

※更新予定

お目当ての座席チケットをお探しの方はこちら。

BUMP OF CHICKEN コンサートチケット一覧


ツイートする
スポンサードリンク

必見!ライブ費用のキャッシュバックを得る裏ワザ

私も下記の裏ワザで7万円以上貯めることができました(^^)v


ライブの参加費用のキャッシュバックを得る裏ワザ

↑詳しくはこちらをタップ↑

スポンサーサイト

ツイートする
 
TOP